気楽に生きましょ♪

【雑記ブログ】『日々の生活に役立つブログ』を書いています。

わたしのキャリアは会社のものではありません。

f:id:rb666dett:20180601215636j:plain

おはようございます。

 

6月1日、わが社では、辞令がでて、一年間の評定が下されます。

これにより給与改定され、給料の変動があります。

 

6月1日の午前中、上司から評定が言い渡されました。

体調面からあまり満足した働きは出てきていないので、下がると思っていました。

しかし、予想に反して、現状維持ということでした。

 

そのへんは上司含めて会社に感謝したい。

 

ただ、上司から言い渡されたことが少しひっかかった。

 

わたしも36歳にもなると、昇進の話も出てきます。

それはとてもありがいことです。

 

上司:「役職にチャレンジしてみない?」

わたし:「はい、、、わかりました。」

上司:「では、今後はリーダーシップをとっていけるように頑張ろう。

    そして、報告の場でも率先して報告し、課長にもっとアピールしていこう!」

わたし:「はい、、、」

 

素直にそういうチャンスをもらえたことはうれしかったのです。

しかし、なんか腑に落ちません。モヤモヤ。。。

 

う~ん、なんだろうか。。。

そのあと、いろいろ考えてモヤモヤの原因がわかりました。

 

「課長にもっとアピールしていこう!」

 

そう、この言葉が原因です。

私の気持ちと上司の気持ちにギャップがあります。

 

役職のために、課長にアピール?そのために仕事を頑張る?

うん??

わたしにはまったく理解できない。

 

とくにわたしとしては好き好んで、役職に就きたいと思ってもいません。

ただ日々やるべきことを一生懸命やって、その結果、課長に認めてもらえるならば、役職に認定してくれればよい。

そうでなければ、認定されなくてもよい。

 

自分の気持ちに嘘をついてまで、アピールして役職になりたいとも思わない。

そんなことをし続けてきたから、昨年、精神的に体調を崩した。

もう同じ失敗は踏みたくない。

 

この一年、ずっと自分と向き合ってきたんだから。

 

実は、わたしがこの言葉を言われるのは、今回が初めてではない。

もう4回目である。

思い起こせば、この言葉を聞くたびにゲンナリしていたのである。

それも同じ上司ではなく、4回とも別の上司。

 

上司たちの勘違い。

それは、みんながみんな、役職に就きたいと思っている。

そうではない人もいるのです。

 

わたしは会社で敷かれたレール(キャリア)を歩むつもりもない。

昨年までの失敗経験から、これからは自分を大切にして、素直に生きると決めた。

だからいつでも持ち出せる”個”のキャリアを磨くのです。

 

そのために会社を利用します。

ただ、給料をもらっている以上は、一生懸命に結果を出します。

それは、会社の利益でもあるし、実は自分の利益のためでもあるのです。

 

わたしのキャリアは、会社のものではありません。

わたしのものです。わたしの人生なんです。

 

ここまで書いた話の内容を後日、上司と面談して共有していきたいと思う。

おんなじようにゲンナリする人がでないように。

 

誰かの役に立ちたい。

それではまた。