気楽に生きましょ♪

【雑記ブログ】『日々の生活に役立つブログ』を書いています。

もう食費の節約で悩みたくない!FP(仮)兼エンジニアが教える、たったひとつの考え方。

f:id:rb666dett:20180827042740p:plain

みなさん、月々の食費のやりくりに頭を悩ませていませんか?チラシを見て安売りしているスーパーへ駆け込み、食材を調達。無駄なものを買わないように我慢するなど。たくさんの節約の方法がありますね。

 

でもあまりにも食費を節約しすぎると、栄養面などからカラダも悪くします。そして、精神面でも心までも寂しくなってきませんか。だから、ぼくは食費の節約はおススメいたしません。

 

心が寂しくなると、つらい日々が続き、人生が楽しいものではなくなります。やっぱり一度きりの人生を楽しみのあるものにしたいですよね。

 

そこで、今回、FP(仮)兼エンジニアのわたしが実践している食費の考え方を伝授します。もう食費の節約で悩まなくてもいいんです!!そして、やることはとても単純。

 

それではご紹介します!

 

はじめに、みなさんは月々の食費の目標って、ちゃんともっていますか。実は、この目標を持っていない方がたくさんいらっしゃいます。

 

この目標がないと、どこまでも節約しようとしてしまいます。また、どこまでも使ってしまいます。何事も目標を持っておくことが大事ですよ!食費の節約の悩みを解消するにも大事なことなんです。

 

では目標をもつためには、どうするか。それは、カンタン♪ 家計簿つけるんです。でも、家計簿と聞いただけで、苦手意識から、うぇ~ってなっちゃう人がいませんか。

 

でも大丈夫です!ご安心ください。今は大変便利な家計簿アプリがありますよ!レシートの写真を撮るだけで、データがスマホの中に入ります。

 

昔みたいに書き込んだり、エクセルに打ち込む必要はなし!そして、食費のみのレシートをひたすら写真を撮ってデータをためてください。普段通りに買い物して、食費のデータを撮りだめる。このとき、節約を意識しないことがコツです!

 

それを最低でも3か月間続けてください。

 

えっ!?3か月間も??長すぎる。そんなの続けられるわけがない。

 

と思った、あなた!あきらめてしまうと、これからも食費の節約に悩まされますよ。家計簿アプリ、一度慣れてしまえば、3か月って案外すぐなんですよ。騙されたと思って、まずは始めてみませんか。3か月先には、食費の悩みが消えますよ~。

 

この3か月食費のデータを取ることのことで、ある程度、月々の食費がわかるのです。

 

 そして、その平均を月々の食費の目標にします。この目標の設定により、節約しすぎることも、使いすぎることも減るはずです。

 

ましてや、この目標は、節約を意識せず買い物した金額のため、気持ちに無理がない状態のはずです。そのため、節約しなければいけないという悩みも消えるはずです。

 

我が家でも、1年前からこの方法で、食費の目標を立てて、月々やりくりしています。ちなみに、今まで一度も目標をオーバーしたことがありません。

 

そして、この目標をたててあげることで、節約の悩み解消だけではない、さらなるメリットもあります。

 

①達成感が得られるようになる。

月々の食費が、目標よりも少なかった場合。おっ、今月は少なかったぜっ!って、感じで、うれしくなりませんか?目標を立てると食費をみるのも楽しみになっちゃうんです。

 

そして、ある程度、少ない金額で月々送れるようになれば、目標を減らすこともいいかもしれませんね。

 

②食費を固定費として考えられる 

目標=固定費と考えることができ、食費を固定費化することで、月々の食費の見込みが立ちやすくなり、やりくりもしやすくなるのです。食費といえば、変動費のイメージですが、目標を持つことで固定費化でき、やりくりも楽になるんですよ。

 

とてもいいでしょ。

 

FP(仮)兼エンジニアのわたしが実践する節約の悩みを解消する方法についてお話ししました。

ぜひ、みなさんも食費の目標を立てることで、節約の呪縛から解放されませんか。まずは、我が家の食費の家計簿をつけることから始めてみませんか。

 

そのほかの節約関連の記事↓  

みなさんの節約に、少しでもお役にたてるとうれしいです。

rb666dett.hatenablog.com

rb666dett.hatenablog.com