気楽に生きましょ♪

【雑記ブログ】お金プロ×エンジニアが『日々の生活に役立つブログ』を書いています。節約・家計、マネー、子育て、資格取得など。

MENU

バッテリー交換の方法と費用を紹介します

f:id:rb666dett:20200812202127p:plain

こんにちは、ねおゆに666です。

 

 

バッテリー交換の方法と、かかった費用についてご紹介します。

 

 

準備するモノ

 バッテリー交換で準備するものは、以下の4つです。

 

 

新品バッテリー

f:id:rb666dett:20200809193049j:plain

はじめに、自分のクルマに適合するバッテリーを探しましょう。

 

 

探し方は、自分のクルマとメーカー・型式・年式などを打ち込むだけ。

 

 

代表的なバッテリーメーカーのリンク先を載せておきます。

 

車用バッテリー検索|ジーエス・ユアサ バッテリー

 

バッテリー適合検索 | パナソニックカーバッテリー | Panasonic

 

 

バッテリー端子の配置にはLとRがあるので間違えないようにしましょう

 

 

適合するバッテリーを見つけたら、いよいよ購入。

 

 

購入は断然ネットショップがオススメです。

 

 

実店舗よりもかなり安いです。

 

 

ぼくは、パナソニックのCAOSバッテリーを選択しました。

 

 

 

オススメのショップは、「激安カー用品Webいち店」です。

 

 

カー用品店で有名なオートアールズが運営しているショップ。

 

 

このショップは、交換した古いバッテリーを無料で引き取ってくれます。

 

 

バッテリーの交換が終わったら、佐川急便に連絡して取りに来てもらうだけ。

 

 

楽チンです。

 

②メモリーバックアップ(SA201)と電池

f:id:rb666dett:20200809194101j:plain

交換の時にバッテリーを取り外すと、

 

 

ナビや時計などの情報がリセットされる恐れがあります。

 

 

それを防いでくれるのが、メモリーバックアップです。

 

 

メモリーバックアップには2種類あります。

 

 

バッテリー端子にクリップで直接接続するタイプと、OBDカプラに差し込むタイプです。

 

 

ぼくは、OBDカプラタイプを選択。

 

 

理由は、作業中に外れる心配がないからです。

 

 

クリップだとどうしても外れる恐れがあります。

 

 

バックアップには電池も必要なため、あらかじめ準備をしておきましょう。

 

工具

f:id:rb666dett:20200810201114j:plain

工具は、下の3つがあればOK。

 

・ラチェット

・ソケット10mm

・ディープソケット10mm

 

必要工具は車種により異なる恐れがあります。

 

 

作業の前に確認しておきましょう。

 

 

N-BOXの場合、バッテリーステーを外すのに、ディープソケットが必要で購入しました。

 

 

保護具

f:id:rb666dett:20200812201415p:plain

作業の際は、安全のため軍手を着用しましょう。

 

 

ケガのないようお気をつけて作業してくださいね。

 

(任意)Life WINK ※CAOSバッテリーのみ 

f:id:rb666dett:20200810201221j:plainLife WINKは、バッテリー交換には必要ありません。

 

 

ぼくの興味本位で購入しました。

 

 

Life WINKはCAOSバッテリーの寿命が判定できるユニットです。

 

 

バッテリーって、どのタイミングで交換したらいいのわからず困りますよね。

 

 

そんな悩みを解決してくれる商品になります。

 

 

数年後が楽しみです。

 

 

金額は1500円程度とそこまで高くありません。

 

バッテリー交換にかかった費用

バッテリー交換にかかった費用は、約1万3千円です。

 

 

Life WINKが要らないという方は、さらに安くなります。

 

 スクロールしてください。

購入先 商品名 価格
楽天 バッテリー(N-65R/A3) ¥7,591
楽天 メモリーキーパー(SA02) ¥2,037
Amazon 工具代 ¥1,609
楽天 Life WINK ¥1,516
総額 ¥12,753

 

※N-BOXのときの価格 

 

こちらを参考に検討いただければと思います。

 

バッテリー交換の方法

f:id:rb666dett:20200811200103j:plain
※エンジンルーム内、汚くてすみません。

 

バッテリー交換にかかる時間は、30分程度が目安です。

 

 

サクッとできてしまいます。

 

 

それでは交換方法について説明してきます。

 

メモリーバックアップをセット 

 

はじめに、メモリーバックアップをOBDカプラに取り付けます。

 

 

OBDカプラの差込口は、運転席、または助手席の下にあります。

 

 

メーカー・車種により異なりますので、屈んで探してみてください。

 

 

N-BOXの場合は、運転席の下にありました。

 

f:id:rb666dett:20200811200725j:plain

f:id:rb666dett:20200811200742j:plain

 

カプラを差し込んだら、作業しているところから見えるところにおきましょう。

 

 

オススメは、ダッシュボードの上あたりです。

 

f:id:rb666dett:20200811201022j:plain

マイナス端子を外す

では、バッテリーを外していきましょう。

 

 

最初に、バッテリーのマイナス端子から外します。

 

 

マイナス端子側から外す理由は、バッテリーからの電気を遮断して、ショートを防ぐためです。

 

 

取り外す順番を間違えないようにしましょう。

 

 

ラチェットと10mmのソケットを使って、マイナス端子のナットを緩めます。

 

f:id:rb666dett:20200811201416j:plain

 

プラス端子を外す

 続いて、プラス端子もマイナス端子と同じ要領で、外していきます。

 

f:id:rb666dett:20200811201625j:plain

 

バッテリーステーを外す

端子を外したら、今度はバッテリーステーを外します。

 

f:id:rb666dett:20200811202054j:plain

 

バッテリーの入れ替え

ステーが外れたら、古いバッテリーを下ろしましょう。

 

 

バッテリーは、とても重いので、移動させる際は、気を付けましょう。

 

 

外したバッテリーです。

 

f:id:rb666dett:20200811202158j:plain

 

新品バッテリーです。

 

f:id:rb666dett:20200811202229j:plain

 

新品のバッテリーを所定の位置におきます。

 

f:id:rb666dett:20200811202302j:plain

 

バッテリーだけ新品で、かなり浮きますね。

 

バッテリーステーを取り付ける

バッテリーを置いたら、新品バッテリーの取り付けていきます。

 

 

外した時と逆の作業手順です。

 

 

バッテリーステーを取り付けます。

 

f:id:rb666dett:20200811202433j:plain

 

ナットの締めすぎに気を付けましょう。

 

 

締結トルクは、ラチェットで、キュッと少し強めに締める感じで大丈夫です。

 

 

締結後、バッテリーがきちんと固定できているか、を確認しましょう。

 

プラス端子を付ける

続いて、プラス端子を取り付けます。

 

 

Life WINKを取り付ける場合は、このタイミングで一緒に取り付けましょう。

 

f:id:rb666dett:20200811202839j:plain

 

プラス端子から出ている青いケーブルは、Life WINKのケーブルになります。

 

 

取り付けない方は、このケーブルはないのでご注意ください。

 

マイナス端子を付ける

マイナス端子を付けて設置完了です。

 

f:id:rb666dett:20200811203023j:plain

 

確認作業

設置が完了したら、OBDカプラを外すのを忘れずに。

 

 

問題ないかを確認するため、エンジンを始動させてみましょう。

 

 

きちんとエンジンがかかれば、交換成功です。

 

 

N-BOXの場合、ナビの画面に、セキュリティコードの打ち込みを求められました。

 

 

セキュリティコードってなんだ?と、ちょっと焦りましたが、

 

 

セキュリティコードは、ナビの説明書と一緒に入っていました。

 

 

もし、忘れてしまった、失くしてしまった方がいたら、

 

 

販売店へ連絡して確認しましょう。

 

N-BOXスペックと交換タイミング

バッテリー交換した、わが家のN-BOXの情報です。

 

 

交換のタイミングは、約4年目です。

 

バッテリー交換の方法と費用まとめ

バッテリーの交換方法と費用について、ご紹介しました。

 

 

意外と短時間で簡単にできるので、オススメの作業です。

 

 

多少の手間はかかりますが、ディーラーよりは断然安くできます。

 

 

そのほか暑いに夏に欠かせない、エアコンフィルターの交換も自分でできます。

 

 

ご参考になればうれしいです。

 

さいごまで読んでいただきありがとうございました。

 

車の車検・点検、オイル交換、修理・板金・塗装、パーツの持込み取付などができる
【グーピット】